読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tayutauao

text / photo

5月31日、きょうの空

4:00過ぎに眠って12:30に起きた。

授業に行くならいい加減、起きなきゃいけない時間。

 

f:id:tayutauao:20160114164003j:plain

 

カラマーゾフの兄弟』、大審問官の続き。

自由は重ったるくて厄介なもの。

信じるしかない、というのは自由を奪われるということ。

 

授業中に「苫米地さんはどう思われますか?」と

名前を呼んでもらったが嬉しかった。

名前を呼ぶというのは、誠意のあることだ。気が引き締まる。

質問には「はい。わたしなら、石ころにキスをして差し出します。」と答えた。

 

わたしなら、奇跡じゃなく自由をあなたに。

それがたとえどれほどに苦しいことでも、選ぶことを選んでほしい。

わたしは愛をもって苦しいことを手渡せると思う。

食べるために生きるのではない。

眠るために生きるのではない。

なんのために生きているか、あなたはよく知っているはずだ。

 

帰り道の夕日があんまり赤いから

買った野菜を袋ごと、がさーっと落っことしてしまった。

こんな日はどうしたって奈良の夕暮れを思い出す。

歩いていると、今頃同じように山に向かってその足を歩ませる鹿がよぎる。

みんなその足でそれぞれの場所に帰ってゆく。

 

今日で5月が終わる。

おなかがすいた。