読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tayutauao

text / photo

8月19日、none

 

f:id:tayutauao:20140819071404j:plain

 

小説の一部

 

 

家に入っていって、ベッドに横になれば、すべて元通りになるような気がした。

そうすれば、フロッギーもわたしも幸せになる。

でも、後戻りして物事をやり直させてくれない力がある。

そんなことをすれば、もう動き出しているもの否定されて、

文章は消されて書かれなくなってしまい、

わたしのものではない物語が描く軌跡は短くなってしまうから。

家に入って、「フロッギー、出て行ってしまってごめんなさい」とさえ言えたら。

彼を抱きしめて、シャツのボタンを外して、髪についた花びらを取ってあげられたら。

それができたら、わたしにはこの戦争を戦う理由なんかない。

 

 

twitterに残したメモ

 

 

血とか痛みに強くなったように思ってたけど、

近付き過ぎただけなのかもしれないと思ってどうにかなりそう。

ほんとは子どもの頃より敏感になっていて、痛がりで、怖がりで、

麻痺してて、なにかとてもいいもののように置き換えてるだけだよって。

 

ぜんぶわかんなかったけど、

甘えって単語をものすごい耳元で叫ばれた気がして跳び起きた

 

死んだ人のことを思い出したりしなくなったのに

わたしがこじれてるのは一体なぜ?

 

忘れられるのがこわい。

「忘れる」ことは「忘れられる」ことだと思ってる。

だって 覚えてなきゃ全部なかったことになるから。

意に反して、どんどん忘れっぽくなってるのを体が拒んでるということ?

それなら本望だと思いたい。

 

どんなに些細なことでも、「後戻りできない」っていうような

ある種ギリギリな選択や運命を手にとってしまってる感ある。

都度、後悔しても後悔しないって本気で思う。

 

後悔はしていないけど、

受け入れるには体が ちと小さいなと思うことばかり。

 

しあわせになることはこわくない。

しあわせってのは あらゆることを

忘れてしまうからしあわせなのであって、

忘れるのがこわいわたしは

きっとちゃんとしあわせにはなれない。


それに生きるには物語が必要だと思っている。

しあわせはそれ自体が目的になるから、

なにか別に寄り添うものが要る。

ノックし続ける木が必要。