読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tayutauao

text / photo

11月28日、レモンキャンディー

 

 

f:id:tayutauao:20140131213802j:plain

f:id:tayutauao:20140131221845j:plain

f:id:tayutauao:20140131213610j:plain

 

この時期、夕方5時手前くらいになるともう日が落ちて、空が暗い。

学校帰りの家までの道で、いつも絶対に顔をあげて歩く道がある。

暗くなってからだと、星がよく見えるのだけど、天気のいい日はほとんど毎日、

星座の間を縫うようにして、流れ星みたいに飛行機が飛んで行くのを見とめる。

飛行機はいつも同じ方向に飛んで行く。いつも同じ方向に飛んで行く飛行機を見ている。

指で軌道を沿わせてる今向こうへ飛んでった飛行機から、わたしの住んでいる町は見えるのだろうか。

山間に点々と続いていく東名高速のオレンジが見えるだろうか。

あれだけの高さから見下ろせば、きっと海も見えるだろう。

 

何度か飛行機に乗ったこの間の旅で、夜に離陸する飛行機から見下ろす景色はとてもきれいだった。

カンボジアは人が住んでるのかしらと思うほど、ほとんど真っ暗だった。

上海は全体的にオレンジの光が充ちて、思っていたよりも整然とした街だった。

同じように今わたしの上を飛んでいく飛行機の窓から、誰かがこちらを見ているかもしれなかった。

お風呂に浮かべたおもちゃの船のような小さな広がり方で、

この町が、この国が、上空からはどんな風に見えるのかを頭に浮かべることができる。

(2013.11.05)

 

***

 

去年の秋は素晴らしかった。

まいにちをさながら旅のように生きられればいいけれど

そういうわけにもいかず、いまわたしは旅に出たい。