読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tayutauao

text / photo

12月5日、blackout

 

f:id:tayutauao:20141207201256j:plain

 

何度返したかわからない砂時計のように時間はさらさらと流れ

1日はあっという間に過ぎてしまうのなら、それがいい。

 

一刻一刻が、今の私にはあまりにもこわすぎて泣いてしまう

けれど何がそんなに悲しいのか、何がそんなにも怖いのか

誰かおしえてくださいと街を歩いてる知らない誰かに頼めるくらい

不思議なことにわたしにもわたしが泣くわけがわからない日が続く。

「漠然と、不安」といわれるものがこういうものならば

砂時計の砂は、夢に出てきた砂漠の砂。冷たい夜の砂漠の砂。