読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tayutauao

text / photo

12月6日、in gold

f:id:tayutauao:20151206133126j:plain

 

口にしたいことがあるようなないような

そもそもいまのわたしに

言葉を発する口などないのかもしれず

そんなことに、あまやかさを覚える。

 

それでもたまには文章をかかねばならないですね

わたしは言葉がすきなのです。

 

さいきんは身体で生きている感覚がつよい

支える足に確かな強度を感じ、風を受ける。

さながら、草原を自由に闊歩する動物のようだと自負をする。

(体をしならせ、飛び上がり、あてもなく、歩く。)

朝には朝の、夜には夜の輪郭を持ち、踊る。

祈る時間が減り、くたくたに眠る時間が増え

笑う時間も泣く時間もどかどか、とつもり

眼鏡をかけて重たい図鑑や難しい辞書を開く時間はなくなって

その代わりにあなたを見て、そして触れる。

それがすべてなのだ、という覚悟をもって。息を飲む。

 

ただ光がきれいだ。

宇宙のことを考えはしない。

すきとかきらいとかそんなことはどうでもいい

あなたが在る。わたしが在る。それがすべて。

あなたがわたしの前を通りすぎてしまうことがあるし

あなたとわたしの温度差が結露を生み出す。

冬が来たことを知る。

 

そして思い出す。

祈ることはせず、呪文をとなえる。

自分がうつくしい動物であったことを思い出す。

ただ光がきれいだ、とそっと目を細める。