読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tayutauao

text / photo

9月4日、モメント

f:id:tayutauao:20160904141556j:plain

 

8月が去って9月がやってきました

9月は誰も思い出さないと歌ったのは誰だったか。

晩夏。

みなさん夏の疲れがたまってはいないでしょうか。

世界は今日も眩しかったでしょうか。

ここは(ここはというのは病院ですが)

中庭がうつくしい。

洗濯物がゆるゆらと揺れて

青い草がぐんぐんんと伸び

樹木が木漏れ日を作ります。

いつもうつくしいものを見ているのは

わたしであり、あなたであるのです。

 

「俺は初めてあなたの誕生日を忘れたよ」と

昔の恋人が誕生日にメッセージをくれました。

ひどくセンチメンタルなように聞こえるけども

この一言が、時間の流れを感じさせ

忘れていたわたしのことを再び生き返らせた。

とても嬉しいことのように感じました。

”俺たちはきっとうまくは生きていけないから”

という一言に、わたしと彼がまだ恋人同士であった頃のこと

とびっきりの友人であり、仲間であり、

家族であった頃のことを思い出しました。

 

わたしはまだ彼のことをあいしています。

あいしているというのは、彼の生を喜び、

健やかであってほしいと願う気持ちと

あの頃に戻れたならと切なく願う気持ちです。

でも、物語にはそうさせない力がある。

そんなことをすれば、動き出している何かが否定され

崩れ去ってしまう何かがある。

だから「愛してるよ、ありがとう」と返事をしました。

他意なく、わたしの全ての愛情をもって。

 

私たちの別れの時、彼は

花でも送ることがあるかもしれないと言いました。

連絡すらままならなくなってしまったけれど

わたしはいまだにそれを待っている。

 

さてタバコでも吸ってこよう。

おやすみなさい。