読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tayutauao

text / photo

4月16日、通学路

 

あのころ肺に一生懸命吸い込めていた空気が

幻だったかのようにこの体をあたためている

 

愛想笑いで過ぎていく日々もいつの間にか過ぎて

はらはらと舞う、今日という式日

明日のことなど考えずに眠る猫の健やかな体

味気ないのは作りかけのご飯

言って欲しかった言葉

 

正しく夜を迎えることを思い出すのは

少し夜更かしをするときだったりするね

 

理性と知性が大切だという愛おしいきみのこと

追突事故で真っ先にわたしのことを心配したきみのこと

わたしを置いて世界からいなくなってしまったきみのこと

こんな気持ちが一体なんになるのだろうと思いながら

きみが、誰に見せるでもないけれど一等の宝物です

 

車の中で聴いたのは青い春を与えてくれた懐かしい音楽

対向車線のヘッドライトが乱視で拡散してちょっと涙を浮かべた

大きなものに見られている感覚が宇宙を教える真夜中

もう、うずくまっている時間はないと思えた

 

f:id:tayutauao:20170416010911j:plain

 

しあわせな夢。

夢が叶う夢。

 

私の運命を変えた人が

あの控えめな立ち姿で

私を迎えに来た。

君の夢は叶った、と

そして私は言う

「夢ならまだあります」

 

そう夢ならまだあるんだ、と

ただ俯瞰してくる空を讃えた。

そして今年も花が散る。