tayutauao

text / photo

7月10日、ドライブ

 

夢の時間が終わった
いちばん高い階段の踊り場で踊ってはうずくまり
立ち上がるのにはちからが必要だった
必要なものはきみがくれていた
ありがとうね、ありがとう

 

f:id:tayutauao:20180710173314j:plain

 

さようならを云わないきみがあまりにもきみらしくて
少しわらいながらもう終わりにしようって言った
わたしたちの歴史にしようって心に留めた
大丈夫ね、大丈夫

 

ひかりだった
突然すぎてまぶしかった


きみの訪れ
春だった


きみの生活のことをおもうと
わたしの生活のことをおもうんだ
そういうひかりだった、わたし、
陰のようね、陰のよう


きみのトゲ
まだあいしてる
ずっとあいしてる
どうか、うつくしく咲いていて


もしもし、では話せなかったことも
夜の沈黙の中では話せなかったことも
朝の光の中では話せなかったことも
本当は手元に大切にぬくめているんだ
いつかはね、いつかは

 

f:id:tayutauao:20180710173357j:plain


グッドバイね、グッドバイ

 

 

 

 

6月29日、美しくってばかみたい

f:id:tayutauao:20180405151314j:plain

 

わたしのいない世界を想像してみる

わたしがいなくてあなたがいる世界

それはちっとも寂しいことじゃない

それはちっとも心細いことじゃない

 

少しずつ、少しずつ言葉を残すこと

少しずつ、少しずつ写真を撮ること

 

この世界にわたしがいなくなっても

誰かが救われますように

誰かが大丈夫になりますようにと

いつだって穏やかに願うわたしがいる

 

f:id:tayutauao:20180629154159j:plain

 

わたしなら大丈夫です

たくさん支えられてきましたから

たくさん笑わせてもらえましたから

たくさん側にいてもらえましたから

たくさん愛されてきましたから

 

いつもやさしい気持ちでいられますように

いつもいろいろなこと、いろいろな人を許せますように

いつもつらくたってひとりじゃないと感じられますように

 

自分では行けない海で泳ぐクジラを夢見るように

きっと行くことのない島の名前がわたしを旅へいざなうように

わたし、なにか大きな存在に守られていることを忘れない

 

 

 

 

6月22日、君は僕のもの

 

よく晴れて暑いなあ、今日。

今からわたしは週末だというのに仕事だなあ、面倒。

間違えて薬を朝と昼に2回、多めに飲んでしまって気分が悪い。

ソウルメイトと呼べる友だちが小説を書いている。

わたしは小説も歌詞も書けないからすごいなって思う。わたしの楽しみ。

 

f:id:tayutauao:20171110032337j:plain

 

最近はとても寂しい

とてつもなく、寂しい

恋人に会いたいと思うけれど

ここにはいないから。

睡眠薬を多く飲んで10分もしないうちに

いつの間にか眠ってしまうのが日課になっている。

それでもね、ひとりでいるのも悪くはなくて

どちらも抱えて千鳥足で歩く。

誰かと一緒にいたい、でも、ひとりでもいたい。

人ってそういうものでしょう。

 

よく眠れない夜に人は考え事をするのだと思っていたけれど

わたしは考えない。ただ、ただ、思い出す。

 

朝がくるまで起きてることにほんの少しの罪悪感を感じていたわたしに

夜のベランダは繋がっていると言ったあの人はもう世界にいない。

そんなロマンチックな言葉を残していなくなってしまうなんてやめて欲しかった。

大人になっても、夜のベランダとタバコがやめられない。

 

ピアスの痕とか、腕を切った痕がいとおしい。

誰にも褒められないし、誇ることでもない。

でもわたしはそれを吹いたら飛んでいってしまうような人生の重石にしている。

痛みは忘れない。悲しみも忘れない。苦しみも忘れない。

誰がなんと言おうと、だ。

 

洗濯物がとんでいったらきっと戻ってはこないから

とんでかないようにひとつひとつ洗濯ばさみで止めてやる。

乾いたら、ちいさくカタがつく。

わたしの体に残ったままのちいさなカタも

もしかしたら、同じようなものだったのかもしれない。

 

 

 

6月7日、或る街の群青

 

雨の匂いとか

街の熱気とか

悲しい音楽とか

なんとなくの寂しさとか

嬉しそうな声とか

誰かを好きな気持ちとか

そういうものを撮りたい

 

ライフワークは撮ることと書くこと

ラブソングと植物と珈琲と本とレコードが好きです

 

f:id:tayutauao:20180607150933j:plain

 

わたしのごちる文章が

たとえば1000の人に見捨てられて

無視された寂しさのような、

誰にも理解されなかったことのような

それでもホッとしたような気持ちになるのは何故。

 

誰からも理解されないことと、誰からも理解されること

一体どちらがつらいことなのだろう。

 

f:id:tayutauao:20180607150947j:plain

 

わたしが何を言っているのかわからなかったら

少しだけ心を揺らして欲しいのです。

それがあなたとわたしの始まりだからです。

 

 

 

6月4日、ファンタジア

 

あつい日々が続く

春はどこに行っちゃったのかな

階段を1段飛ばして駆け上ってゆくような

もう初夏。また夏が来る。

あなたもわたしもあと何回夏を知るのか。

 

生き捨てた世界にも朝が来る

満ちてしまった世界にも足りない何かはある

まだ、かかえたままの、のろまな幼さ

甘やかな生活にもやわらかなひかりが差して

これが世界のすべてならいいのにな、なんて思う

 

f:id:tayutauao:20180604173511j:plain

 

生きるための芸術ではなく、

死なないための芸術がしたい。

100人を幸せにする写真や文章を表現するよりも

私がすべきなのはたったひとりで崖から落ちてしまいそうな人を救うこと。

これはこぼれ落ちてしまいそうな人生を生きているわたしをも救うことだから。

 

美しいものを美しいと感じる心が正常なのだとしたら

わたしにとって今それはとても難しい。

恋人にあなたは後ろ向きに見える、前を向かないでどうやって生きていくの

というようなことを言われた時に、何も言えなかったけれど

わたしの人生は後ろ向きな前向きなのだといえばよかった。

後ろを振り返らないと見えない景色もあって、

前を向かないと見えない景色もある中で。

美しいものを美しいとすら感じられなくなってしまいそうな人のそばに寄り添っていたい

みんな救いの時間や瞬間がないなんてとても悲しいじゃないか。

 

ままならないわたしの生活が誰かの生活を少しでもぬくめられますように

生きづらいこんな世界であなたはひとりじゃないよとまだ、あなたのそばにいたい

 

気づいてくれてありがとう

それはとても親切なことだよ

 

そんな言葉を思い出して

わたしが目指したいのはそれなのだと思う。

 

暗闇に落ちてしまいそうなとき

わたしのことを思い出して欲しい

わたしはきっとあなたのそばにいる