読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tayutauao

text / photo

12月15日、世紀末に降る雪は

 

f:id:tayutauao:20141216000612j:plain

 

同窓という何の気なしの言葉をはじめて好いなとおもった。

そう思ったタイミングは忘れてしまった。

同じ窓がなんだっていうんだろ。

けれど起こること起こりえたこと起こらなかったことを

なんの脈絡もなく集まった人たちが見る。経験する。

あるいは何も起こらないあの気怠い昼食後の5時間目。

チャイムの鳴るのを心待ちにする、ただそれだけを共有する人の集まりのあったことが、

それを表すのが「同窓」という言葉であることがとても好きだと思う。

すべて同じ窓から見たんだ。聴いたんだ。憧れたんだ。面倒くさくなったんだ。待ち焦がれたんだ。

それ以上にいい言葉はきっとないなと思う。