読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tayutauao

text / photo

9月22日、僕の宇宙

 

幾つかのことを思い出してみる、順不同に

ー両手の指から溢れるほどの桜の花弁

ーいい匂いのする香水のつけたての手首の内側

ーわたしじゃ物足りないといった男の子

ー窓際の虫をプツリと殺したつまらなかった英語の授業

ー終わりの感覚

 

生きることとは過去を思い出すことなのかもしれない。

わたしは過去を思い出して生きてきたからそう思うのかもしれない。

 

いつも派手な遊びの後ろには虚しさが隠れていて

わたしはそいつがとても恐ろしくもあり親密さも感じていた

 

もう戻れない青春時代というものが誰にでもあって

そのことがわたしをほんの少し柔らかくする

そう、もう戻れない場所ばかりが増えていくね

 

f:id:tayutauao:20160922111300g:plain

 

思い立って真夜中の海に出かけた

海には恋のものがたりが必須だから

わざとカメラは持って行かなかった

 

土砂降りだった雨が止んで月明かりが辺りを照らした

はしゃぐ母親が少女のように見えた

潮風で髪がベトベトになった

足をつけた水がまだ暖かく夏の匂いを残していた

それだけで十分すぎる夜だった

それだけで美しすぎる夜だった

 

いつも派手な遊びの後ろには虚しさが隠れていて

その夜わたしはそいつに切なさとしか言えないものを感じていた

 

 

photo by R