tayutauao

text / photo

6月3日、いかれたBABY

どういうことがさいわいなのかを知っていた。

生まれる前から、ずうっと前から知っていた。

 

f:id:tayutauao:20170604071850j:plain

f:id:tayutauao:20170604071855j:plain

 

限りなく透明に近いブルー」を身にまとって

いつもどこかに忘れ物をしてきたような気持ちになる。

そこに着いたのは日が暮れるほんのすこし手前。

波と風の音がどんどんと静けさに変わってゆく間に

きみとわたし、あやとりするみたいに話しながら

まだぬくみの残る砂の上でゆっくりと煙草を2本吸った。

海はわたしにとって、目の前にいるきみのまつげの先にある視線を追いかける場所だ

海はわたしにとって、いつも、きみに、恋する場所だ

 

言葉は万能じゃないのに、

人の気持ちはわからないのに、

そんなことわかってるのに、

どうにかしてわかりたいと、伝えたいと、

いつも願ってる

もがいている

 

苦しいとき写真が解き放ってくれる

溺れていることを忘れて、ただただ笑顔になる

この世のものじゃないみたいなきみの存在感

ありがとう、ここに居てくれて

ありがとう、触れられる距離に居てくれて

 

何もない場所にこそ恋は生まれる

見えているもの、見えていないもの

すべてのものが満ちているからだ

そのことに気づくからだ

 

f:id:tayutauao:20170604072513j:plain

 

今、光で描かれた眩しいきみに恋をしている

 

広告を非表示にする